renho-d10

 

「新世代」の民進党をつくり、政権奪取へ 「安心の好循環社会」をつくる

野党の存在価値は、政権担当能力を示し、国民に選択肢を提供すること。
私たちには政策があり、それを立案・実現できる人財がいる。
これに信頼が加われば、政権の選択肢になれる。
初の女性リーダーとして、「ガラスの天井」を打ち破り、
全員の力を結集することで新世代の民進党をつくる。
批判から提案・創造に転換することで政権を奪取する。

「新世代」の民進党をつくる3本柱

  1. 既得権や癒着と闘う改革政党として、対案を提示し政権担当能力を示す。
  2. 全員が力を発揮できる体制を構築する。また地方組織を含め、
    オープンかつ徹底した議論の上、一致結束した行動をとる。
  3. 個別の政策を担当する政務調査会とは別に、政策分野ごとの調査会を設置し、
    政権政策を再構築・深化させる。

安心の好循環社会

我が国の最大の政治課題は「人口減少」であり、必要なのは「脱・昭和」の経済政策。
教育・雇用・老後などの将来不安を取り除き、人生のすべてのライフステージを
安心して過ごせる生活支援を行うこと。
安心することで消費が喚起され、実需がうまれ、経済成長が実現できる
「安心の好循環社会」をつくる。

「ガラスの天井」を突き抜ける

アメリカでは「ガラスの天井」と人生をかけて闘ってきた女性がいよいよ大統領になる一歩手前まで来ました。イギリスでもサッチャー首相以来の女性首相が選出され、欧米のみならず、韓国も台湾もトップは女性です。そして、東京でも初の女性都知事が誕生しました。世界経済フォーラムの男女格差指数で145カ国中101位の日本。女性議員の私が先頭に立って変えていきます。

野党第一党が目指すのは政権交代です。ところがその言葉が現実味を失っています。私達が政権を担い、内政・外交を安定的に運営するのが不可能であるかのように思われています。それはもう一つの「ガラスの天井」です。そこを変えたい。民進党はそのために結党されました。若手・地方も含め党の力を結集し、弱点を克服し、批判ではなく提案へ。国民の皆様からの支持向上に全力で取り組みます。

納税者の味方
「行革なくして増税なし」、行政改革をライフワークにしてきました。東京オリンピックにかかわる新国立競技場のコストの問題も国会でいち早く取り上げました。政治は納税者のためにあるものだからです。前例踏襲と惰性に陥りがちな行政運営を断ち切るのが政権交代です。明日をも知れないバラマキの連鎖を止め、政治改革と行政改革を同時に進め、納税者である国民の皆様の納得と信頼を取りもどします。

納税者のために政治はある。きちんと安心をもたらす社会保障の給付を建て直していかなければなりません。硬直化した制度にメスを入れ、国家的課題である子育て支援や貧困対策に財源を投じ、全世代共通の安心を確保します。納税のリターンを実感できる、将来の納税者を育てる、こうした「人への投資」は経済成長の源泉でもあります。その意味でも、私は「納税者の味方」でありたいと思います。

「蓮舫路線」とは
問われているのは民進党であり、私です。他の何者でもありません。他者との関係で自らを語るのではなく、自らによって立つ原理原則をはっきり打ち出す。それが「蓮舫路線」です。党の内外に声をかけ、手を差しのべ、提案し、叡智を集めたいと思います。ですが、最後に決めるのは私です。責任を負うのも私です。その重い責任を担う決意と覚悟を持ったからこそ、今回、出馬したのです。

高飛車かもしれませんが、女性の先駆者であるエレノア・ルーズベルトの “Do what you feel in your heart to be right – for you’ll be criticized anyway. “(あなたの心が正しいと思う事をしなさい。どっちにしたって批判されるのだから)という言葉を心の支えにしたいと思います。あらゆる批判を引き受けて、強く、たくましく、そして、しなやかに、民進党を政権交代へと引っ張っていきます。蓮舫への皆様のご支援を心よりお願い申し上げます。

政策チラシ

77279495aef8d2 2  77279495aef8d292685e8c03bf493562
■政策チラシ(PDF 印刷用)政策テキスト(txt 印刷用)

公報チラシ

renho_kouhou_web

■公報チラシ(PDF 印刷用)

■代表選ビデオ