与党質問

今日、衆参の予算委員会委員を対象に予算委員会質問等研究会が開かれました。およそ5年間、野党として参議院予算委員会に出席してきました。与党議員として傾聴に値する質問をされる方はもちろんおられましたが、どうしても、ご自身の話や地元の話、また、質問される大臣を讃える話をする傾向も多かったように記憶しています。来年度の予算委員会から、私たちは与党議員として質問者となります。これまでとは違う質問者としてのスタイルを模索しているところです。

前の記事

夜明けの会