参議院予算委員会

送信者 2011年12月

参議院予算委員会にて提言型政策仕分けについて答弁いたしました。24年度の予算編成過程で提言を踏まえた歳出見直しを進め、内閣が一体となり必要な結論を得る必要がある。所管府省において、今後提言を受けての具体的な制度設計や改革の進め方・工程を検討していただく必要がある。関係府省の大臣にも積極的な対応をお願いしたい旨答弁を行いました。

次の記事

参議院決算委員会