漏れた年金情報調査対​策本部

送信者 2015年6月
送信者 2015年6月
送信者 2015年6月

漏れた年金情報調査対策本部を立ち上げ蓮舫が本部長、山井和則衆議院議員を事務局長とし、日本年金機構の年金情報流出について厚労省、日本年金機構、警察庁よりヒアリングを行いました。

情報漏洩した数は125万件となっていますが今後増える可能性もあり、対象者には今週末に手紙でご案内するそうです。

また、コールセンターでご自身の基礎年金番号を伝えると今回の情報漏洩の対象かどうか判明します。
0120-818211
コールセンターに電話が100台しかなく大変つながりにくい状態とのことでした。

引き続き、問題の検証、再発防止、漏洩された方々の犯罪に巻き込まれるリスク軽減策などしっかりと議論して​まいります。

次の記事

視察