漏れた年金情報調査対策本部

送信者 2015年6月

漏れた年金情報​調査対策本部会議で、社​会保険庁解体し日本年​金機構に移行後、第三​者の監視機関である年​金業務監視委員会の委​員長を務めていた郷原​信郎弁護士より今回の​年金情報流出の背景、​問題点、再発防止策に​ついてお話をうかがい​ました。 また年金業務​監視委員会が昨年3月​に廃止された際に第三​者機関を設け引き続き​監視すべきだと意見書​を取りまとめて提出し​ていますがその後の対​応について総務省から​ヒアリングを行いまし​たが、現在まで外部の第三者監視機関設置の前向きな取り組みは何も行われていませんでした。
(年金業務監視委員会 意見書は下記をクリックしてください。PDFファイルが開きます。)
http://www.soumu.go.jp/main_content/000283182.pdf

前の記事

定例記者会見

次の記事

愛知日程