定例記者会見

[youtube]https://youtu.be/vQrYhjxzM3U[/youtube]

 

○朝日新聞の誤報に抗議を申し入れ

【代表代行】
まず冒頭は、朝日新聞の誤報について(2/18朝刊1面「民維合流先送り方針 岡田代表、参院選後に」)。この件に関しては党として抗議を既にしましたが、私からも改めて抗議をします。なかったものを、さもあったかのような、しかも断定的な報道をされるというのは非常に残念です。
皆様方が報じる立場でさまざまな取材を続けて、そして独自の編集権を持って報道する自由はもちろんありますが、全くないものを、あたかもあったかのように報道されるというのは、わが党内にとっても組織にとっても、ある意味、今一枚岩になっているところにいろいろな部分でさざ波が立つこともありますので、ぜひそこはしっかりと裏をとって報道していただきたいと思っております。

○内閣法制局の文書開示要求拒否問題について

【代表代行】
本日、参議院決算委員会がございました。もちろん甘利問題、引き続き追いかけてはおりますが、特に法制局長官の答弁が全く答弁として成り立っていない印象を受けました。
もちろん安保関連法案の審議の時にも全く理論になってはおりませんでしたが、今回も、特に想定問答に関しては法制局の中では作成していたにもかかわらず、自分がそれを是としていないものは行政文書ではない、というような答弁をされていましたので、そのこと自体もまず認識が間違っています。やはり行政機関の中で作られたものは全て行政文書です。
それに対して、院として、あるいは委員会として開示要求をしたものを、ご自身の判断で「これは行政文書ではないから出せない」というのは、情報公開あるいは公文書管理の見地からしても反する態度だと思います。
この問題、引き続き追いかけていきたいと思います。

○自民党・丸山参議院議員に対する辞職勧告案を国会提出

【代表代行】
丸山参議院議員の発言ですが、先ほど参議院で私どもと生活の党と社民党で(議員辞職勧告)決議案を出したと聞きました。
発言内容、議事録を精査するということでありますが、精査する以前にちょっと常識を疑ってしまうような、あまりにも見識のない、院の権威をおとしめる発言だと私も思います。

○明日19日の予算委員会で野田前総理が安倍総理に質問

【代表代行】
明日の衆議院予算員会集中審議では、野田佳彦前総理が質問に立ちます。
今日昼、ご本人に確認しましたが、相当やる気を持って、(第二次安倍政権以降の)この3年間、自分達(民主党)が政権を担当していた3年間、同じ時間が過ぎて、そして経済の結果・数値も出てきているので、きっちりと安倍総理の認識を質したい。自分との約束についても質したいという思いをお持ちでしたので、党を挙げて、明日の質問もぜひ多くの皆さんに見ていただければと思っています。

■質疑

○自民党・丸山参議院議員に対する辞職勧告案について

【日本経済新聞・宮坂記者】
丸山参議院議員の発言について、「見識がない」と代表代行もおっしゃっているが、具体的にどういうところに見識がないのか、改めてご所見を伺いたい。

【代表代行】
まず、ご自身のおそらく先入観で発言されていると思われることがあります。出自も含めて、あるいは人種というものも含めて、極めてセンシティブなもの、ある意味でヘイト的なものを思い込みだけで発言されている。しかも場所が参議院の憲法審査会ですから。その発言一つとっても、参議院議員としてのご見識というのが、おそらく有権者の皆様方から問われるものではないかなと思います。
あるいは参考人の方にされた質問内容の、いわゆる「51番目の州」というものが、一体何を意図して参議院の憲法審査会で問うているのか、私には全く理解ができません。

【NHK・花岡記者】
自民党のほうでは、この問題について予算などに影響があるので言動については厳しく注意をしようということで今、引き締めを図っている。宮崎議員の問題や丸川環境大臣の発言など、最近、自民党の中でこういった問題発言・問題行動が相次いでいることについて代表代行はどう受け止めているか。

【代表代行】
宮崎さんの場合には発言ではなく行動だったと思いますが、丸川大臣の場合は、発言は大変軽率です。やはり1ミリシーベルトの科学的根拠について、私達の政権の時にさまざまな方々のご意見を拝聴して、地元の方達の声を十分に尊重して、野党の皆様方、特に当時の自民党の皆様方の大変厳しい委員会での質問にもしっかりと誠意を持って答えさせていただいて決めてきた経緯があります。それを軽々しく「何の根拠もない」と言ったことは環境大臣としての資質が問われるべきで、失言レベルではないと私は思っています。
他方で、丸山参議院議員はたしか自民党の法務部門会長であり、私どもがずっと昨年から出させていただいているヘイトスピーチ禁止法案において、極めて消極的な立場をとっておられる方ですから、そういうことを考えると、今回のご発言が何かしらヘイトスピーチ(禁止)法案を止めるという彼なりの先入観があるのではないか。本当はそういうことはないのかもしれませんが、ある意味で私達もうたがってしまいがちなので、そこも含めて自民党が丸山さんの発言にどう対処されるのか、これは注視したいと思います。当然、軽い注意で終わる話ではないと思います。

【東京新聞・宮尾記者】
議員辞職勧告決議案は従来、刑事事件を起こした場合などが多く、院内の発言に対してはあまり例がないかと思う。国会の相場感から言って、院内の国会議員の発言に出すというのは相当重い判断をされたということだと思うが、あえてここまで踏み込んだのは、どういう検討をされた結果なのか伺いたい。

【代表代行】
参議院の執行部での検討の経過については、参議院の幹事長あるいは参議院会長に直接取材をしていただきたいと思います。
私からは、今、私が思うこととしては、党としてそれだけ重い決断に値するぐらいの失言だったと思います。暴言に近いと思います。一国の大統領に、ある意味間違った人種観においての発言を断定的にされており、そのことは一国の大統領のみならず、やはりアメリカで暮らしている黒人の方達に対して思いを至らせていないという部分もあります。しかも場所が参議院の憲法審査会という、ある意味で極めて重い委員会でございますので、これぐらいに値するのではないか。
もちろん自民側からも、今、議事録を精査して、国対を含めて、丸山さんもどういうふうに、その発言を取り消されるのか反省されるのかわかりませんけれども、おそらく党としての処分も出てくると思いますので、その時にはまた私達もしっかり考えたいと思っています。

○衆議院予算委員会質疑・野田前総理の登板について

【日本テレビ・古谷記者】
明日の予算委員会に野田前総理が大変意気込みを持っているということだが、このタイミングで野田さんが登場することにどういう意義があるのかということと、久しぶりの安倍さんとの対決になるが、どんな展開を期待されるか伺いたい。

【代表代行】
このタイミングでというのは、おそらくいろいろな部分で、増税をさせていただいた消費税の使われ方が、3党合意をほごにされ、そして時の政権の思いだけで走っているということがあります。あわせて軽減税率の関連税制法案も国会に出されました。相当早いスピートで採決をしようという国対的な動きも見えています。
やはり国会の場で、党首という立場で安倍総理と野田前総理が議論した時の公約がありますから、それがほごにされている部分が、(ほごに)されていないというのであれば安倍総理の言をしっかり聞きたいと思いますし、私達は(ほごに)されていると思いますので、それに対して野田さんがご自身の声でしっかり質されるのだと思います。

【朝日新聞・菊地記者】
抗議を受けている立場で質問しにくいが、新党の話について伺いたい。先ほども五者協議をされていたが、今、この議論がどの程度進展しているのか。もし進まないようであれば、どのような点がハードルとなって議論が進んでいないのか、現状を差し支えない範囲で伺いたい。

【代表代行】
進展しています。ただ、その途中経過を含めて3月(末)までにご決断をされると言った岡田克也代表に、党大会でも一任しています。だから岡田代表が、時が来ればしっかりと、その経緯も含めて、自ら発言されますので、この件に関しては待っていただきたいと思います。

○野党の協力・結集をめぐる議論について

【共同通信・関記者】
維新との協議に関して、岡田代表は一貫して「3月末までに結論」という話をされているが、一方で松野代表は先ほどの会見の中で「2月いっぱいで結論を出す」と発言があり、維新側からはここしばらくの協議の最中、「できるだけ早い結論を」と発信が続いている。このズレに関して、お互いの党の立場があるかとは思うが、協議の進展に対しての影響をどう見ているか伺いたい。

【代表代行】
ズレはないのだと思います。一貫して松野代表は「早いうちに決断を」と言ってこられました。岡田代表は「3月」という話をしていますが、3月というのは方向性を発言するゴールではなくて、全てのことがしっかりとそこで完結するというゴールですから、そこに至るまでの決断は、やはり2月末、3月頭でないと間に合わないのかなと思いますので、齟齬は生じていないと思います。

【フリーランス・安積記者】
新党構想について伺いたい。先ほどの会見で松野代表がおっしゃったのは、京都3区に維新の候補を出すか出さないかということだが、「3月以降に候補を出す可能性は否定しない」、すなわち2月いっぱいまでに結論、方向性の結論だと思うが、それを明らかにしないと、3月以降に4月の京都3区補選の候補を出す可能性もあるとおっしゃった。これについてはどうお考えか。

【代表代行】
公党の代表ですから、その部分で補欠選挙に公認候補を出す・出さないも含めてのご判断は当然、松野さんが考えると、日程幅でいうと確かにそうなるなとは思います。
ただ、当然そこは、我々は統一会派を組ませていただいていますので、また選挙区の調整というのは総選挙も含めて選対委員長を中心にやっていますので、そこの部分はまだ決定事項ではないと思いますが。

【フリーランス・安積記者】
確認だが、統一会派を組んでいて、参議院選でも熊本については同じ候補を応援する、北海道5区も同じ候補を応援することになっている。ということは、やはり松野さんの「2月いっぱい」というところは沿っていくべきだと代表代行としてはお考えか。

【代表代行】
それは松野さんに聞いてみないとわからないのですが。ただ、やはり4月24日に補欠選挙があり、そこに独自候補を出すということであれば、やはり2月いっぱいというのは相場感かなという気は、確かに私もします。
ただ、例えば参議院の三重ですとか、あるいは他の選挙区とかで、維新と一緒に候補者統一で応援していこうというところもありますので、そういう調整をしていくのであれば、その日程感に必ずしも縛られるものではないなというのが私の印象です。

【産経新聞・松本記者】
維新の党との合流交渉の関係で、岡田代表がおっしゃっている「3月末」というのは決断の期限だと私は理解していたが、今の代行の話だと、決断の時期は2月末・3月頭でないと、というご発言が先ほどあったが、「3月末」というのは決断の期限ではないのか。

【代表代行】
出口だと思っています。

【産経新聞・松本記者】
出口の期限と。それはもう幹部間で認識は共有されているという理解でよろしいか。

【代表代行】
はい。

○衆議院予算委員会質疑・野田前総理の登板について

【朝日新聞・菊地記者】
タイミングという質問もあったが、この間、野田総理は基本的に表で発言する機会がほとんどなかった。明日、初めてこういう場で発言されるという意味合いについて、蓮舫代行はどのようにお考えか。

【代表代行】
もちまえの“ドスンパンチ”で頑張ってもらいたいと思います。

【テレビ朝日・河村記者】
野田前総理が質問に立つということは、消費税増税を決めた当事者であるので非常に重いことではあると思うが、民主党の消費増税に対する、増税すべきか先送りすべきかという判断に、明日の野田前総理と安倍総理の討論というのは重要な要素として影響を与えるかどうか伺いたい。

【代表代行】
重要な要素の一つになると思います。

○朝日新聞の誤報に対する抗議について

【「FACTA」・宮嶋記者】
この朝日新聞の報道は「誤報」なのか、それとも岡田さんが正式に決めていないのを先に書いたということが抗議の内容なのか。そんなに誤報ではないのではないかと思っていたが、訂正を出せということで抗議されているのか。

【代表代行】
私の知る限りでも、誤報です。

○安保関連独自3法案・新安保法制廃止法案の国会提出について

【朝日新聞・菊地記者】
安保法案について伺いたいが、本日、民主党・維新の党で対案となる3法(領域警備法案・周辺事態法改正案・PKO協力法改正案)を提出したが、この意義について伺いたいのが1点と、明日にも廃止法案、残り2法案を出す予定になっているが、先に対案となる3法を出した上で、また別の日に廃止法案を出すということについて、蓮舫さんの考えを伺いたい。

【代表代行】
やはり領域警備法案をはじめ3法を先に出させていただいたのは、私達の意思です。特に安全保障に対して、我々は「対案がない」と何度も何度もいわれなき批判を総理自らからもされましたが、我々は現実的な対案を持っています。中でも領域警備法案は、自民党もさきの総選挙のマニフェスト、政策集に掲げて「出す」と書いていたものを、前回(先の通常国会)の11本の法案にも出していませんでした。そこは私達のほうが現実的に、必要なものを出すという意思を示させていただきました。
そういう意味では5党でしっかりとこれは廃止をするんだという意思を確認する意味でも、明日の廃止法案の提出もわが党として非常に重く見ています。

【日本経済新聞・宮坂記者】
安保の廃止法案の話だが、明日19日は採決が(参議院本会議で)強行されてからちょうど5ヵ月というタイミングを見計らってのことだと思うが、これから再びこの安保の問題というのを世の中でどう盛り上げていくのかということについて。野党5党の枠組みで一貫してこれについてはやっているが、野党間の連携という部分と、あと明日も市民の動きもあるが、そういう一般の市民団体の動きとどう連携していくかについての見通しと、これからどういう戦略を描いていくかについて伺いたい。

【代表代行】
あえて特段、今、政治が盛り上げるという時期は、ある意味過ぎたのだと思います。皆さんに関心を持っていただくという意味では昨年の夏、昨年の秋、我々は総力を挙げて、国会での質問を通じて、しっかりと問題点を洗ってきました。その結果、国民の皆様方の間では、やはりおかしいし、あの法律は違法だし、憲法を踏みにじっているから、という動きは広く静かに浸透しているのだと思います。その方達が声を上げるのは何かと言ったら、一番近いところで、総選挙がない場合には、この夏の参議院議員選挙です。
やはり私たちは、あの9.19の強行採決を忘れないという思いを強く持っていますので、明日の日程は、ご指摘のとおり思いがある日です。
これから先も、例えば山尾志桜里さんが衆議院の予算委員会でいい質問をされていましたが、やはり憲法の議論は我々はきっちり発議していくし、提案をしていく。ただ、総理が自分の都合の悪いことは「クイズ」という答弁で、逃げの姿勢というのが非常に残念です。自らが憲法を変えたいとおっしゃっているのであれば、クイズであろうと何であろうと、やはりそこには真摯に向き合うという姿勢がなければ国会の審議は深まらないと私は思います。
そういう意味では、参議院の憲法審査会の丸山参議院議員の暴言にまた戻りますが、やはり自民党が本当に憲法を変えたいんだという姿勢が伝わってこないことに対して、国民の皆様にしっかりと私たちは日々伝えていくことだと思う。変えたいという熱意を持って伝えていくのであれば、それはある意味、争点の中でも国民の皆様方の怒りを持った人たちにきっちり我々が短い形で伝えることもできていくと思いますので、これからも引き続き憲法は委員会審議で取り上げていきます。

○東日本大震災から5年を前にして

【「FACTA」・宮嶋記者】
「誤報」を書いた朝日新聞が、同じ紙面で、仮設の孤独死が5年で190人、その7割が男性だと。「取り残された中年男性らが誰にもみとられずに亡くなっている」という大変いい記事が出ている。大震災から5年たつが、蓮舫さんはこの3.11を前に、地元に行くかどうかは別にして、特に民主党は「1人ひとりを」云々というスローガンを掲げているわけだが、こういう問題についてどういう感想を持たれるか伺いたい。

【代表代行】
時がたつに連れて、やはり報道の総量自体が小さくなってきます。小さくなってきて、そして記事として採用されるものは、どちらかというと非常につらい、悲しいものが多くなってきます。その中で孤独死、しかも男性のほうが多いという記事、現実としては痛い、つらい報道です。
やはり1人ひとりの生き方に寄り添う民主党である時に、どうしたらそういう人たちを支えてさしあげることができるのだろうか。一人になってしまって、身寄りもいなくなってしまって、有り金・財産全部なくなって、もう仮設から出るすべも、あるいは生きる目標すらもなくなっている、そういう人たちをどうやって支えてあげることができるのだろうか。
政策論で言うと、やはりそれは財源でしっかり担保してさしあげないといけないと私は思いますし、それはおそらく復興特別会計という枠のお金の使い方とは違う。特に福島特有のものでありますから、やはり一括交付金的なものがあって、福島県の知事が、あるいは自治体の首長が最も「ここでこういうふうに使いたいんだ」という、使い道を指定しないもので、ちゃんとそこに手を差し伸べてもらいたいと思うようなお金を、国民の皆様方の税金で使う。私は、やはりこういうふうに変えていきたいなと思いました。今でも思っています。

○野党党首会談について

【時事通信・大沼記者】
明日、野党5党の党首会談が設定されていると思うが、そこで扱うテーマはどういうものか、ご存じであれば教えていただきたい。

【代表代行】
知りません。枝野さんに聞いてください。

前の記事

★★テレビ出演★★

次の記事

★★質問します★★