待機児童緊急対策本部会議

160329待機児童対策本部

待機児童緊急対策本部会議に出席し、保護者、保育士、保育所運営の方々やNPO法人フローレンスの駒崎弘樹さんからお話をお伺いし、内閣府、厚生労働省と議論しました。
昨日発表された政府の緊急対策は自治体に規制緩和が主な柱となっており、保育士の処遇改善は入っていません。
既存施設の定員を広げ子どもたちを詰め込むことにより保育の質が下がることや現場の戸惑いなどご意見をお伺いしました。

前の記事

街頭演説