蓮舫代表、駐日ロシア大使と会談

 蓮舫代表は31日午後、党本部でアファナシエフ駐日ロシア大使と会談した。

冒頭、蓮舫代表は大使の訪問を歓迎。大使は蓮舫代表の代表就任への祝意を示した。大使はさまざまなレベルでの交流の上に信頼関係が成り立つ等と述べた。

双方は、平和条約締結交渉や北方領土問題について意見を交わし、大使は両国民のコンセンサスの重要性を説明。蓮舫代表は、北方4島がわが国領土という認識は変わらないこと、両国間がお互い信頼関係を積み重ね、両国民にとってベストと受け止められる状況をつくり出していく努力の必要性について言及した。

民進党の原発に関する基本的立場等についても意見を交わした。

また、同席した日ロ友好議員連盟事務局長を務める白眞勲ネクスト拉致問題担当副大臣も超党派での日ロ交流の重要性について提起した。

会談には牧山ひろえ国際局長が同席した。

※本文、画像ともに民進党HPより転載