定例記者会見

蓮舫代表は24日午後、定例記者会見を党本部で開き、同日行われた参院TPP特別委員会での安倍総理との質疑を踏まえて見解を語るとともに、記者団の質問に答えた。

特別委員会の質疑の受け止めに関して「安倍総理の答弁が不必要に長い。聞かれてないところにこだわる、そこに長けておられる答弁で、非常に残念だった」と振り返った。「TPP協定を批准する意義について今日はやたらと強調されていた。ルールが大事だからルールをしっかりと動かすというが、そのルール自体(を決めること)が動かなくなったら、この国会での審議は何だったのかという視点で質問をした。総理はたとえ発効しなくてもということで、発効しない可能性に言及し始めた。他方で来年の1月20日にTPPに関してトランプさんの考えを翻意させることができると確信しているのかという問いには確信がないということも分かった。分からないけれども進めていく。そして国会で優先的に審議してきた政治責任は言及せずということだった」と議論の内容について説明した。そのうえで「かみ合わなかった質疑になったことも非常に残念だが、国民に対して知らせないでもいい、自分だけ知っていればいい、こうした姿勢はある意味独裁的であって、恐いなという印象も感じ取った」と述べた。

「このTPPの審議を最優先するのではなく、長時間労働の是正や年金をカットするのではなく、社会保障のあり方や、自衛隊の救急救命強化など、すぐに実現しなければならないわれわれの対案の審議をしてほしいと強く思った」と蓮舫代表は強調した。

本文、動画は民進党HPより転載