定例記者会見

 

蓮舫代表は26日、定例記者会見を国会内で開き、今国会の論点等について考えを述べた。

蓮舫代表は、「安倍総理の答弁の姿勢は、自画自賛、私たちへの批判、そして不都合な現実には目を向けないという3点セット。こうした逃げる答弁ではなく、しっかり正面から向き合って、私たちの問いに答えていただきたい」と述べた。

内閣府が25日発表した2020年度のプライマリーバランス(基礎的財政収支)については、「8.3兆円赤字になるという見通し。今後、経済成長が名目3%を維持するという前提だ。安倍政権になってから一度も達成したことのない水準であり、現実にはもっと厳しい(赤字の)数字になるのではないか。安倍総理は、2020年にプライマリーバランス黒字化達成可能だと言っている。どうやったら可能なのかも含めて、しっかり説明をしてほしい」と指摘した。

記者団の質問に答えて、今国会冒頭で審議されている今年度の第3次補正予算について、蓮舫代表は「なぜ補正予算が必要かといえば、歳入欠陥が明らかになったからだ。赤字国債を1.7兆円発行するわけで、まずそのことを猛省して謙虚になるべきなのに、上乗せをしている。反省のない、謙虚さのない補正予算だ。財政健全化に対してブレーキを踏むものだ」と批判した。

問題になっている公務員の天下りについては、与党は対応をすべて先送りしていると批判し、「いち早く国民の疑問に答える必要がある。政府・与党の後ろ向きの姿勢は理解できない」との旨述べた。