定例会見

隠蔽3点が明らかにされないと「議論を進めることは難しい」蓮舫代表

蓮舫代表は9日午後、定例の記者会見を党本部で開き、(1)国民への説明責任を果たさない隠蔽(いんぺい)3点セット(天下り問題、金田勝年法務大臣の共謀罪を巡る「質問封じ」、陸上自衛隊の日報を巡る問題)(2)「保育園落ちたブログ」の質問から1年――等について考えを述べた。

天下りの問題については、「全く明らかになっていない。いまだに隠蔽されたままで情報が公開されていない」と指摘。与野党で良い提案があれば審議し形にすることが重要だとし、形を変え骨抜きになっている事象があれば是正していくことが必要との見解を示した。

金田法相については、「国会での議論、自由な発言、議員の質問権を制限するかのような動きには賛成できない」と述べた。

陸上自衛隊の日報を巡る問題については、公文書の管理のあり方、また「戦闘」と「衝突」の言葉の使い分けについても十分な説明がされていないと指摘した。

これら国民への説明責任を果たさない隠蔽3点が明らかにされないと「次に議論を進めることは難しい」との見解を示した。

「保育園落ちたブログ」に象徴される待機児童や保育士の待遇改善の問題については、「1年経ち、ため息が色いろなところから絶望とともに漏れ聞こえてくる」と話し、安倍政権がこの問題に向き合ってこなかったことについて「極めて残念」と述べた。

本文、動画は民進党HPより転載