蓮舫代表、武大偉・中国外交部朝鮮半島事務特別代表と会談

蓮舫代表は27日夕、来日中の武大偉・中国外交部朝鮮半島事務特別代表と党本部で会談した。

冒頭、蓮舫代表は武氏の来日と民進党訪問を歓迎し、「民進党として北朝鮮情勢について強く関心を有しており、意見交換したい」と述べた。これに対し、武氏は謝辞を述べた。

会談後、記者団の取材に応じた蓮舫代表は、会談内容について問われ、「中国は、北朝鮮に対して大きな影響力を持っており、国際社会の一員としてしっかりとした大きな役割を担ってもらいたいと強く申し入れた」と述べ、北朝鮮に対する中国の役割の重要性を強調した。

会談ではその他、現下の北朝鮮情勢の早期解決、そのための各国足並みそろえた実効性ある制裁実施の重要性、民進党と中国共産党との交流等について意見を交わした。

会談には岡田克也常任顧問、大串博志政務調査会長、玉木雄一郎幹事長代理、福山哲郎幹事長代理、青柳陽一郎ネクスト防衛大臣、大野元裕副幹事長、牧山ひろえ国際局長が同席した。

武大偉・中国外交部朝鮮半島事務特別代表との会談の様子

武大偉・中国外交部朝鮮半島事務特別代表との会談の様子

本文、画像は民進党HPより転載