「怒りを込めて抗議をしたい」蓮舫代表が共謀罪法案の強行採決による成立を受けて

蓮舫代表は15日朝、参院本会議で共謀罪法案(組織犯罪処罰法改正案)が強行採決により成立した直後に、国会内で記者団からの取材に応じた。

共謀罪法案の強行採決の受け止めを問われると、「法務大臣の答弁を聞いていても何を言っているのか意味不明で、国民の皆さま方を不安にさせる答弁を繰り返していて、それで質疑が終局したと判断する議長、あるいは与党にもただ驚きしかない。委員会審議は、本当に短い時間1日(24時間)も満たない時間しかないので、強硬な採決の仕方は、安倍内閣にとって当たり前になってきたなというのが正直なところ。言論の府をあまりにも軽視していると怒りを覚える。怒りを込めて抗議をしたい」と政府・与党の強硬な方法への怒りを口にした。

会期が残り少ない中での予算委員会集中審議の開催について問われると、「集中審議はいつでも求めていく。もちろん国民の関心が高いものだから、閉中審査も引き続き求めていく。衆院の民進・自民の国対委員長間では、全省庁の天下り調査結果が出たら自民党の国対委員長から予算委の集中審議を開くと確約を得ているから当然開くと思っている」と閉会中にも求めていく考えを示した。

共謀罪法の廃止を今後も訴えていくのかという問いかけには、「4野党党首会談の時に共謀罪は問題だと一致している」「この法案の廃案自体がわれわれの目的だったから、当然成立が強行されてしまったらそれをゼロに戻すのが1つの目標だ」と語った。

本文、動画は民進党HPより転載