【東京】「国政でも都政でも皆さんの知る権利を保障し、声を政治に届けていく」中村都議、蓮舫代表訴え

蓮舫代表は19日朝、東京・三鷹駅前で、7月に実施される東京都議会議員選挙党公認候補予定者の中村ひろし(なかむら・ひろし)都議会議員らとともに街頭演説を行った。

中村都議は、「東京都も国も、ひとつの勢力が大きくなることによる政治の混乱が起き、国民の声が届かなかなくなっている。知事が変わっていろんなことが明るみに出た改革は民進党も評価するが、また違う勢力だけが大きくなりすぎれば国と同じことになってしまい、これでは何も変わらない。東京都も多様な声が反映される政治を実現しなければならない。三鷹市は、(周辺の)市町村から多くの皆さんが通う街でもある。こうした皆さんの声を都政に届けていかなければならない」と訴えた。

豊洲市場やオリンピックなどの課題が山積する東京都政だが、暮らしの問題も非常に大切だとの認識を示した中村都議は、「働きながら子育てをする方々の声を受け止め、いつまでたっても解決しない待機児童や特別養護老人ホームの問題などに取り組んでいく。都民の皆さんの声を改革につなげていく」と力をこめた。

蓮舫代表は、「加計学園、森友学園、南スーダンの日報問題など、情報隠ぺい体質の安倍内閣ではなく、民主主義に求められる情報公開と決定の過程を明らかにすることが重要。国政でも都政でも国民の皆さんや都民の皆さんの知る権利をしっかりと保障していくのが民進党であり、中村ひろし都議だ」と訴えた。

街頭演説には田島一成衆院議員も応援にかけつけた。

本文、動画は民進党HPより転載