【東京都議選】「絶対にわれわれは森友学園、加計学園の問題をうやむやに終わらせない」蓮舫代表

民進党の蓮舫代表は25日午後、東京都議選告示後の初めての週末を迎え、新宿3丁目駅前で海江田万里東京1区総支部長とともに街頭演説会を開き、安倍1強政治の問題点と改革の方向性について考えを述べた。

「はっきりしてほしい。このまま逃がさないでほしい」と、都議選の応援で回る各地で有権者から、森友学園や加計学園の疑惑追及にしっかり取り組むようにと言われると切り出した蓮舫代表は、「都民が忘れるだろうという(自民・公明両党の)傲慢(ごうまん)な姿勢に対してしっかり追及していく。絶対にわれわれは森友学園、加計学園の問題をうやむやに終わらせない」と表明した。

国会、都議会の深刻な現状について蓮舫代表は、「議会は行政監視が仕事であり、そのために議員が存在する。ところが自民党議員は誰も安倍さんに異論を唱えない」「小池都知事が代表の都民ファースト(議員、候補者は)都知事に反対の意見が言えるか。言えないだろう」と指摘。だからこそ、皆さんに代わって1強政治に挑み、「行政監視、1円の無駄も許さない。しっかりと皆さんのための声を上げる」民進党議員や候補者が重要だと説き、強く支援を訴えた。

海江田1区総支部長も安倍1強政治の弊害について「国民に正しい情報を全面的に明らかにするのが民主主義の基本だ。正しい情報を国民に提供し、国民がその情報を受けて選挙のたびに候補者、政党を選び投票することができる。ところが安倍総理は、国民に正しい情報を提供しない。公開しない」と批判。安倍1強政治を打破するため、都内各地で立候補している民進党の都議選公認候補者への支援を強く呼びかけた。

蓮舫代表は25日午後、遊説のために訪れた東京・新宿区内で記者団の取材に応じた。
記者団から、安倍総理が24日、「獣医師会の意向で1校のみに絞ったのが疑念を招いた」と発言したことについて問われ、「めちゃめちゃで何言っているか分からない。まず獣医師会が1校だけにしぼれという陳情をしたかどうかというファクトチェックをするべきだ。その上で、規制改革で1校だけに絞ってくるという条件を決めたのは政府。それで京都産業大学は落とされた。にもかかわらず、ここに来て全国展開ということは、絞ってきた行政作業、その費用を弁済してもらいたいと思う。総理は特区制度の意味がここに来て分かっていないということを露わにしたのではないか。全く理解できない」と述べた。

また、野党が要求した臨時国会開会について、自民党が「都議選の結果を見てから」と拒否した理由について問われ、「都議選の結果、勝ったら開いて、負けたら開かないというのは、議会の私物化だと思う。傲慢過ぎる。しかも私たちは、憲法53条に基づいて臨時国会の開催を要求していて、それは内閣に課せられる義務だから、そこに条件をつけられるはずがない。もう少し真摯に私たちの声、国民の声を受け止めてもらいたい」と答えた。

本文、動画は民進党HPより転載