【東京都議選】「加計疑惑は規制緩和の衣を被った利益誘導だ」蓮舫代表、玉木幹事長代理が新橋で演説会

民進党は26日昼過ぎ、東京・新橋駅前で街頭演説会を開いた。蓮舫代表、玉木雄一郎幹事長代理、松尾明弘東京2区総支部長が弁士を務め、森友・加計学園疑惑の本質について「規制緩和の衣を被って利益誘導を行っている」と喝破し、安倍総理によって行政がゆがめられていることを厳しく批判した。

森友・加計学園疑惑への安倍総理らの関与がますます深まる中、国会で説明責任を果たすよう野党4党が政府・与党に求めているにもかかわらず、それから逃げ回っている安倍総理に対して蓮舫代表は、「内閣総理大臣の姿に、正直幻滅している。お友だちに、奥さんのお友だちに特別の配慮が行われている。その説明さえもできなくて、逃げている総理の姿勢を絶対に許してはいけない。なぜなら行政は平等で中立でなければならないからだ」と力を込めた。

玉木幹事長代理は、森友学園、加計学園問題を追及している民進党に対して、岩盤規制改革を止めているといった批判が一部メディアで上がっていることに触れて、「私たちは岩盤規制に反対したことは一度もない。むしろ規制改革を先んじて進めてきた」と説明。

一方、「岩盤規制にドリルで穴を開ける」と安倍総理が主張するが、その実態は「岩盤規制にドリルで穴を開けるが、その穴を通れるのは総理のお友だちだけだ」と問題点を指摘。安倍総理がごり押ししてきた森友・加計学園の疑惑の核心は、「規制緩和の衣を被って利益誘導を行っている」ものだと痛烈に批判した。

本文、動画は民進党HPより転載