文教科学委員会で質問いたしました

参議院文教科学委員会で前川前文部科学事務次官の講演に関する教育現場への介入問題について質問いたしました。
同じ理由で処分された清水元事務次官は退官後、明治大学に再就職し、教育に直接関わっているが調査したか。
山中元事務次官も前川氏と全く同じ理由で停職相当と処分されたが、広島県の特別参与に今年1月から採用、 業務は教育行政への助言で、県と教育委員会が計画する来年春開校予定の中高一貫校への助言を行う。
前川氏と同じ処分を受けた教育行政事務方のトップだった人が、総合学習の一回だけの講演ではなく、中高校生の学校そのものに直接関わる立場である調査したか、などを問いました。

同じ処分を受けた元次官には調査も問い合わせも行わない。その理由を文科省は「子どもに直接教えるかどうか」と答弁しました。

配付資料は下記をクリックしてご覧下さい。PDFファイルが開きます。
20180323 文科委員会質問配布資料

180323文科委員会 会議録