子どもの成長

今日、4月2日で我が家の双子は11才になりました。
この春から小学校の高学年生です。

生まれてきてくれてから、今日まで。思い出はそれぞれ濃厚なのですが、時間の感覚としては、子どもの成長は早い!ものです。
乳児から幼児へ。幼児から児童へ。児童から学生へ。刻一刻と成長してきてくれている間に、心配事はどんどん増えてきます。風邪をひかないように、病気にならないように、怪我をしないように、お友達がたくさんできるように、勉強で遅れないように、いじめがないように、ネットにはまらないように、ゲームに夢中になりすぎないように、事件事故にまきこまれないように。こうした親の気持ちとは裏腹に、子どもたちはどんどん自分一人の活動範囲を広げていきます。友達と映画、遊園地に行けるようになりました。お互いの家にも行きあっています。そのうち、親との時間より友人との時間が優先されていくことになると思うと、楽しみにしていた子どもの誕生日も、実はだんだん複雑な思いでもあります。

前の記事

公約期限