都議会議員選挙

民主第一党へ、自民・公明過半数割れ。
昨日投開票が行われた東京都議会議員選挙の結果です。千代田区、中央区など、長く自民党の議員が選出されていた1人区でも私たちの公認候補が次々と当選を決めたほか、複数の候補者を擁立した選挙区でも揃って当選が決まるなど、結果、54人の公認候補者を勝たせていただきました。
『変えてほしい』。告示から投票日までの9日間、仲間の応援のため都内を回ってきましたが、実に多くの方々からお声がけをいただきました。都民の皆様の政治へのご意見、民主党への期待が表われた今回の選挙結果は、大変重みのあるものです。今回選出された仲間が、都議会マニフェストで約束した政策を実現していくことで、この選挙結果に応えていくものと確信しています。
次はいよいよ総選挙です。
7月21日に解散、8月30日に投開票が行われると報道されています。麻生総理が解散を決断したと伝えられますが、衆議院議員の任期が9月11日までであることを考えると、「決断」ではなく「追い込まれて」の解散となりました。この日程が決定されるとなると、総選挙まで7週間となります。今度は、日本全国で政権交代を訴える日々が始まります。

前の記事

都議選開票

次の記事

政権選択