被災地へ

震災の際に2階まで津​波の被害にあい、その​後は避難所として旅館​を提供し、助け合って​いた旅館宝来館の女将​さん岩崎昭子様と対談​しました。この対談の​様子は後日、蓮舫HP​にて掲載いたします。

身元不明のご遺体を毎日供養している、大槌町の虎龍山吉祥寺の髙橋住職より震災以降から現在までの取り組みについて、貴重なお話をお伺いいたしました。

次の記事

震災から3年