小池都知事表敬訪問

[youtube]https://youtu.be/sbavk6lWyyo[/youtube]

蓮舫代表は23日、小池百合子東京都知事に代表就任のあいさつをするため、東京都庁を訪れた。

会談後に記者団の取材に応じた蓮舫代表は、小池都知事との会談内容について、「都政では行政改革のメスの入れがいがある状況になっている。国政に関わる面でご協力させていただけることがあればさせていただきたいという提案をさせていただいた」と語った。

2020年のオリンピック予算の膨張が指摘されている点についての意見交換もしたのかと問われ、「新国立競技場の相当甘く見積もった収支報告書を国会で何度もやりとりして、白紙に戻すことができた。そういう部分ではオリンピック・パラリンピック施設のお金がずいぶん水膨れしていると思う。そこにメスを入れられるならば、ともに協力させて欲しいと話をした」と述べた。

国政の党首が首長にあいさつに行くことは珍しいのではないかとの指摘には、「小池都知事が就任された後は、官邸だけでなく岡田前代表のところにもあいさつに来ていただいた。本当に丁寧な方だとその時から思っていたので、私が代表に就任した際には、その部分で礼を失しないようにあいさつさせていただきたいと思っていた」と語った。

 

動画、本文は民進党HPより転載

前の記事

新執行部発足

次の記事

定例記者会見