【東京】「権力者の側にいれば甘い汁が吸える国になって欲しくない」武蔵小山駅前であべ祐美子都議選候補予定者が蓮舫代表と街頭演説

蓮舫代表は17日、7月に実施される東京都議選の党公認候補予定者である阿部祐美子(あべ・ゆみこ)品川区議、松原仁都連会長らとともに東京・品川区の武蔵小山駅前で街頭演説を行った。

阿部区議は、品川区議として「4期10年、子育て支援策や教育の問題、高齢者介護、認知症ケア、地域防災など様々な課題に取り組んできた」と述べた。

そして「品川区の仕組みだけでは太刀打ちできない、対応しきれない問題もたくさんあると痛感した」と述べ、子育て支援、医療や介護の連携、そして航空機や港湾の問題など、区政の中だけでは解決できない問題があり、都政に挑戦するため頑張っていると述べた。

また、海外で働いてきた経験から、「権力者の側にいれば甘い汁が吸える国は世界中にいくつもある。でも、日本がそういう社会であって欲しくないし、これまでの日本がそんな国ではなかったと思っている」と述べ、「子どもたちに、この不公正になりつつある日本を渡してはいけない。見て見ぬふりをしてはいけない」と訴えた。

蓮舫代表は、阿部区議について「記者として、最初は事件の取材を、被害者の声を、苦しい思いを、ぶつけられない怒りを、そして悲しみを、丹念に取材をして歩いてきた。その後は教育関連の新聞社で、この国で育つ子どもたちの学ぶ環境のぜい弱さ、貧困さを、そして家庭の環境で学べない子どもたちの悔しさを学んだ。2006年に品川区議として、品川区で生まれる子どもたちのために、自身も子育てをする母親として、皆さま方の最も近い区政で11年間仕事をしてきた」と紹介した。

その上で、築地市場の豊洲移転問題について品川区選出の自民党・公明党の現職都議会議員(一部、都民ファーストに合流)が説明をしたことがないのではないかと指摘。阿部区議は、情報公開をし、民主主義のプロセスに重きを置き、途中での議論を大事にして、結果について正しく報告できる人だと述べた。

動画、本文は民進党HPより転載