「候補予定者の皆さんと出来る限りのことをしっかりやっていく」蓮舫代表

蓮舫代表は17日午後、遊説のために訪れた東京・葛飾区内で記者団の取材に応じた。

豊洲移転問題について、小池都知事が週明けにも豊洲移転、築地活用の方針を示すと報道があることについて蓮舫代表は、「判断材料をしっかり都知事が示ことは歓迎する。どういう方向性になるのかは、都知事のご判断を伺ってから党内でも考えたい」と答えた。

民進党が今後各地で憲法対話集会を開き、党内の意見をまとめる方針を決めたことについては、「私たちは憲法調査会を設け、これまでも枝野幸男憲法調査会長の下で地方自治や解散権の問題を既に話し合っている。今何が求められているのか、どういうところを改正してもらいたいのか、より広く国民の声を集めることはとても大事だ」と述べた。

通常国会が事実上閉会し、都議選モードになることについての意気込みを聞かれた蓮舫代表は、「自分たちに都合の悪いことには蓋をして、都合の良いものは強行採決で全部通すという姿勢は都議会自民党にも通じるものがあると思う。私たちは国政でも都政でも非自民・反自民の仲間とともに改革ができる民進党だということを訴え続けていく」と力を込めた上で、「もともと私はフットワークの軽いタイプ。候補予定者の皆さんと一緒に、ビラを配る、訴えをする、ごあいさつをする、出来る限りのことをしっかりやってモチベーション上げていく」と答えた。

動画、本文は民進党HPより転載