総理問責決議案趣旨説明


参議院本会議で内閣総理大臣問責決議案の趣旨説明を行いました。
入管法改正案や七十年ぶりの大改正となる漁業法について拙速な審議で通すという安倍総理の姿勢は、
民意の反映を無視した民主主義と漁業の破壊行為であり、まさに問責に値すると言わざるを得ないことを説明いたしましたが、反対多数で否決となりました。