2005年2月のつぶやき

2005年2月28日(月)

いよいよ参議院

 先週末、激しく辛い風邪で寝込みました。熱を測ると39.7度。その数字を見てめまいがしたほどでしたが、ただひたすらおとなしく寝込み続け、なんとか翌日に平熱に戻しフラフラしながら議員会館で仕事をしました。で、やはり。火曜日から木曜日まで双子が揃って熱を出しました。インフルエンザではなく、ただの風邪との診断でしたが、氷枕も氷嚢もあっという間に温かくなるほどの熱で、看病していて本当に胸が痛かったです。子ども達も風邪が治り学校に行けるようになると、今度は私の母が風邪で倒れました。この週末は家族で母の看病をしていましたが、今朝くらいから体調が戻ってきたようです。おそらく、次は夫が倒れるのでは、とにらんでいますが、今週には衆議院で予算が成立し、参議院に回ってくる見込みとなりました。いよいよ参議院での審議が本格化しますので、体調管理だけには気をつけようと思っています。

##########

2005年2月22日(火)

具体的な中味の議論

 ライブドア、と言えばインターネットを使う私には身近な名前です。そのライブドアの堀江社長がメディアを大きく騒がせています。
 新聞もテレビも、ホリエモンのニッポン放送株買収の動向を逐一報道していますが、なんだかそろいも揃って「反対」一色なのが気になります。
 確かに株式取得の方法に問題があるのかもしれませんが、問題あり、と決まる以前から、怪しいとか、手段が乱暴とか、はては教育が悪い、とか。
 去年の楽天とライブドアによるプロ野球参入問題の時には、そのメディアが競って取材合戦を繰り広げていたのが嘘のように、まるでベンチャービジネスを排除するかのような印象を受けます。
 私には、善し悪しを判断するような知識はありませんが、今回の株買収劇の結果がどうなるのか、の具体的な中味の議論が見えてこないのが残念です。
 結果として、フジテレビに軍配があがれば、テレビメディアは既存の安定した報道や番組を視聴者に提供できるのか。しかも、今後はこうした買収に踊らされないように、テレビ局としての信用や質をあげることができるのか、できないのか。それともライブドアが思うように株式を手にすれば、テレビメディアにITの技術を駆使した双方向の新しいメディアができるのか。それとも、単なるマネーゲームで終わらせようとするものなのか。
 一連の買収劇の「その後」が見えないから、私のように株に弱い人間は、ついつい報道されている識者の感情に流されてしまいがちなのです。
 だから、今のメデイアがそろって「反対」、「悪」と唱えるホリエモンのニュースは、そのまま信じていいのかなと思います。

##########

2005年2月10日(木)

「小さな一歩」 勝ち取りました!!

※蓮舫事務所よりご報告※
 今朝の朝日新聞1面にも記事が掲載されていますが、児童福祉司の配置基準が引き上げられることになりました。これは、昨年11月25日に蓮舫が厚生労働委員会で質問・追及したことがきっかけとなり実現したものです。
 児童福祉司とは、子どもに関する様々な問題を取り扱う専門家であり、児童虐待問題の調査から相談、対応を決定する児童相談所の職員です。全国で約1800人いますが、最近の虐待相談件数の増加もあり、1人で200〜300ケースを担当するという、圧倒的に数が足りない状況でした。児童虐待というきめ細かな対応が要求される職種であり、精神的にも肉体的にも負担が多く、バーンアウトしてやめていく方も多数います。
 子どもの命を守る、児童虐待をなくすためには、この専門家の増員が急務だったのです。
 委員会の質問では、のらりくらりとかわそうとする総務省を相手に、「子どもの命の大切さがわかっているのか!」と激しく追及し、「前向きに検討する」との答弁を引き出すことができました。
 今回の厚生労働省の決定では、児童福祉司の配置基準を現行の「人口10万〜13万人に1人」から「5万〜8万人に1人」に引き上げるとしています。まだまだ今回の決定でも、十分な内容とはなっていませんが、小さな一歩を勝ち取りました。この「小さな一歩」を積み重ねていき、皆様とお約束させて頂いた「子どもの安全」に向けて努力していきたいと思います。(蓮舫事務所)

##########

2005年2月1日(火)

同じなんです

 国会が始まり、本当に忙しい毎日になっています。
 党内の調査チームで有識者からヒヤリングをしたり、調査をして政策を作る一方で、自分でも子ども関連の政策を調べています。そうした間に各種団体の会合に顔を出し意見交換。時には講演をさせていただいています。委員会がある時は、国会対策委員として少しだけ党内調整のお手伝いをしています。今週末6日は千代田区長選挙、西東京市長選挙が行われるので、候補者の応援に駆けつけ、福岡2区の補欠選挙の平田候補者の政治活動の応援に福岡に行きます。7月には都議会議員選挙が行われる予定で、都議候補者の政治集会へ顔を出している日々です。
 急激に忙しくなり、頭の中で同時進行で2つ、3つのことを考えているからでしょうか。先日、家に帰った時には、なんだか本当にグッタリと疲れてしまいました。
 「ただいま」
 力なく玄関に入ると、子ども達が飛ぶようにやってきて、 
 「ママ!知ってる?あのね、キリンの首と人間の首の骨の数っておんなじ
  なんだよ!!!」
 娘と息子で声を揃えて嬉しそうに私を迎えてくれました。
 疲れが一気に吹き飛びました。
 キリンと人間の骨の数は同じなんです。