「昭恵夫人の証人喚問を政府に求めていく」蓮舫代表

蓮舫代表は23日夕、定例記者会見を国会内で開き、同日衆参予算委員会で行われた学校法人「森友学園」理事長・籠池泰典氏の証人喚問等について見解を述べた。

蓮舫代表は「福山哲郎参院議員、枝野幸男衆院議員ともに核心に迫る、いい喚問を行った」「新たに証人から証拠として出されたファクスに正直なところ驚いた」と述べ、証人喚問の場で籠池氏が読み上げた、買い受け特約付き定期借地契約の期間延長を籠池氏が安倍総理妻の昭恵氏に依頼し、後に「内閣総理大臣夫人付」という公務員の女性から届いたファクスでの返信に言及した。「これまで安倍総理は国会質疑のなかで『私と妻がこの結果(森友学園への異例ともいえる格安での国有地売却)に働きかけをしたかのごとく議論している。まるで事実があるかというような、印象操作だ』と、質問した私たちの仲間に激しい論調で話をされていた。このファクスを見ると、メディアにこれまで流れていた中身は、一般的な事実確認を役所にしただけかのような内容で報道されていたが、このファクスには2枚目があって、具体的に『予算措置をする方向で調整している』と明言された記述がある」と指摘。夫人付の女性からのファクスに(1)工事費の立て替え払いを予算化する(2)昭恵夫人にもすでに報告させていただいている――と書かれていることについて「総理夫人が口利き、あっせんしたとも思われる内容にも取れるので、実際に枝野代議士が証人に確認したが、籠池証人は『昭恵夫人に電話をして留守番電話に入れて、その結果が総理夫人付きの秘書から電話とファクスで来たと確認している』という。つまり、総理夫人が介在して予算措置化を動かしたのではないか、口利き、あっせんの恐れが今日は浮かび上がった」と述べた。

「この事実の是非やそのファクスに書かれている中身に昭恵夫人が実際にどのように関わっているかは、本日の籠池証人の話は一方的過ぎるので、双方向に確認させていただく意味でも、昭恵夫人に国会に同じ条件で証人喚問でお越しいただいて話していただくことを政府に要求していく」と、蓮舫代表は昭恵氏の証人喚問を求めていく考えを表明した。

24日の参院予算委員会に、これまで民進党が参考人招致を強く求めてきた関係者のうち国有地売却交渉時の担当者であった迫田英典・前財務省理財局長、武内良樹・前財務省近畿財務局長を参考人として招致することが決まったことについて、「8億円のディスカウントについて(籠池氏の)代理人がどんな売買のやり取りをしたのかを籠池証人はご存知ないようだったので、その部分についてもつまびらかに、国会で同じ条件で明らかにしていく必要がある」と述べ、24日の参院予算委員会での参考人の発言と籠池氏の証言とのそごがないかなどを注視していく考えを示した。

蓮舫代表は、「この問題は(これで)幕引きではなく幕が開けたと思っている。しっかりと明らかにしていくのが国税を預かっているわれわれ政治家、立法府の議員としての責任だと今日あらためて証人喚問を見て思った」などと語った。

夫人付の公務員を介したファクスのやり取りについて菅官房長官が記者会見で「夫人付きに陳情書が来た。その陳情書に対する回答だ。制度的な

内容に対して回答しただけ。しかも内容は籠池氏側からの要望に対して断ったもので事実上ゼロ回答なので口利きあっせんに値しない」旨を語った点をどう見るか問われた蓮舫代表は「なかなか『そうですか』と素直に納得はできない」と述べた。

本文、動画は民進党HPより転載