結党一周年街頭演説

民進党結党から1年になる27日、蓮舫代表ら党幹部が東京・有楽町で街頭演説会を開いた。弁士は蓮舫代表のほか小川敏夫参院議員会長、山井和則国会対策委員長、柿沢未途役員室長で、青柳陽一郎国民運動局副局長が司会を務めた。

蓮舫代表は、大阪の森友学園への国有地売却問題をめぐって深まる安倍昭恵氏の関与疑惑や南スーダンPKOの日報隠ぺい疑惑などを挙げて、国民が何を信じていいのか分からない状況だと指摘。「1強政治に対して抗い、挑戦したい」と表明した。

動画、本文とも民進党HPより転載