【東京】「大義ある政策を共感をもって進めたい」大塚候補予定者が蓮舫代表とともに訴え


民進党の蓮舫代表は15日、東京都議会議員選挙の党公認候補予定者である大塚隆朗(おおつか・たかあき)元都議が東京・港区内で開いた総決起大会であいさつした。

この中で蓮舫代表は、小池都知事が進めている都政の現状について、「私たちと同じ改革の方向を見ている。この方と一緒になって私たちは、見えないところで決まったことを明らかにしていこう」と訴えた。

同時に、都政が知事と議員を都民が別々に選ぶ二元代表制であることについて、「都知事も選ぶが、都議会議員も選ぶ。そのことによって権力を監視する。良いことはいい。間違っていることは間違っている。足りないところは足していこうではないか。こういう真っ当な都議会を作っていただきたい」と大塚さんへの期待感を示した。

蓮舫代表は初めて大塚候補予定者と会った頃のエピソードも紹介。「13年前に初めて参院選挙に出た時に大塚さんは誰よりも私に優しかった。港区内のおそば屋や不動産屋など、自分が育ったところを連れて歩いてくれた。こんなに丁寧に政治活動をする人がいるんだと感銘を受けた」と大塚氏の姿勢を高く評価した。

大塚候補予定者は、「ブラックボックスや悪い習慣、古い体質を変え、明るい未来に東京を変えていくのがわれわれの役割だ。東京の改革、大義のある政策を多くの皆さんと共感をもって進めていくことを必ず成し遂げたい」と力を込めて訴えた。

総決起大会には、武井雅昭港区長をはじめ、民進党から近藤昭一副代表、柿沢未途役員室長、海江田万里(かいえだ・ばんり)東京1区総支部長、松尾明弘(まつお・あきひろ)東京2区総支部長ら多くの仲間が集い、大塚候補予定者への支援を強く訴えた。