蓮舫代表、英国大使の訪問を受け意見交換

renho

蓮舫代表は19日午後、党本部でポール・マデン駐日英国大使の訪問を受け会談した。

代表は大使の着任を歓迎するとともに、日英は同じ価値観を共有する国であり、来月の英国の総選挙についても注視していると述べた。

大使は今年着任し、25年ぶりとなる日本への印象を紹介し、双方は、女性の社会進出、働き方、少子高齢化、オリンピック、EU離脱などについて意見を交わした。

藤田幸久ネクスト外務大臣、牧山ひろえ国際局長が同席した。

左から牧山ひろえ国際局長、マデン大使、蓮舫代表、藤田幸久ネクスト外務大臣

本文、画像は民進党HPより転載