加計学園疑惑で菅官房長官と前川・前次官で真逆の発言に「どちらかが嘘をついている構図」と蓮舫代表

蓮舫代表は25日午後、定例記者会見を国会内で開催。(1)加計学園疑惑(2)「共謀罪」法案――等について発言した。

 学校法人「加計学園」の獣医学部新設問題をめぐっては、内閣府が文部科学省に「総理のご意向」などと伝えられたとする文書について、前川・前文科事務次官が同日発売の週刊誌などで本物だと証言。民進党は同日の参院文教科学委員会の理事会で前川・前文科次官の参考人招致を求めたが、与党側は拒否した。

 蓮舫代表は、「加計学園の疑惑について、一段と深まったと指摘をせざるを得ない。菅官房長官は当初はこの文書を『怪文書』だと発言し、今も否定的な発言を繰り返しているが、どちらかが嘘をついている構図ではないか。時の権力者と、権力を支え仕事をしてきた前事務方のトップの言うことが真っ向から対立をしている。どちらが正しいのか、国民の前で明らかにしてもらわないと、総理が意向を働かせたのか、忖度(そんたく)はあったのか、公正で平等な行政の判断が行われたのかを明らかにしないと前に進まない」と指摘。前川・前文科次官の参考人招致に自民、公明の与党が反対したことには、「なぜ反対するのか分からない。官邸は、『文書の存在は確認できなかった』『総理の忖度はなかった』『メモは怪文書だ』という立場を取るならなおのこと、前川・前文科次官に積極的にお越しいただき、(次官の)発言が嘘だということを明らかにした方が、政府・与党の主張と符合するのではないか」と疑問を呈した。

 疑惑の真相解明に向けては、「国民が見ている国会で議事録に残る形で議論するのが望ましい。文科省の天下り問題の調査結果が出た後に行う約束だった衆院予算委員会での集中審議も与党はほごにしている。全省庁の天下り調査の結果も私たちは待っているところだ。特区の問題や天下り、前川・前事務次官の問題についての集中審議を開いていただきたい」などと求めた。

 加えて、文科省の天下りあっせん問題での引責辞任についても、同日の報道では前川・前文科次官は「自分の考えで申し出た」と発言しているが、一方の菅官房長官は「責任者として自ら辞める意向をまったく示さず、地位に恋々としがみついていた」などと双方の発言がまったく異なっていると問題視。「しっかりと国会で明らかにする必要がある」と強く訴えた。

 前川・前文科次官をめぐっては、22日付の読売新聞で「出会い系バー」に出入りしていたと報じられた。この件との関連も含め所感を問われた蓮舫代表は、「仮に、摘発された店舗に現職の事務次官が通っていたということであれば社会部のニュースとして報道する意味は分かるが、引いて民間人になった方が摘発されていない店に通っていたこと、前川・前文科次官のインタビューによれば、在職中に官邸から呼ばれ注意を受けたとある。これが本当であればどこから情報が漏れたのか。つまり、時の権力者に不都合なことや侮辱をするようなことによって極めてプライベートな情報がどこから漏れるのではないかというリスクは相当怖い。ある意味萎縮効果につながりかねない」と懸念を表明した。

 参院での「共謀罪」法案の審議については、「衆院では無理な日程、職権に次ぐ職権で強行採決されたが参院は熟議の府であり民法改正の審議を粛々と行っているところだ。小川敏夫議員が、ローンの繰り上げ返済での借主負担の問題も指摘している。衆院で積み残してきた論点、あるいは国民が不安に思う条文、条文解釈があれば法案審議のなかですべてクリアにすべきだと思っている。もう少し丁寧な審議が必要だとの認識だ」と述べた。

 関連して、国連の特別報告者の指摘にも言及、「これについても政府と特別報告者の言い分がまったく異なる。政府はしっかりと説明する責任がある」と指摘した。

本文、動画は民進党HPより転載