【東京都議選】蓮舫代表が三鷹市選挙区の中村ひろし候補を「心の底から都議にいてもらいたい」と応援

東京都議会議員選挙が告示された23日、蓮舫代表は三鷹駅南口で三鷹市選挙区・中村ひろし公認候補の応援演説を行った。後藤祐一衆院議員をはじめ、地方議員も応援に駆けつけた。

蓮舫代表は、小池都知事が築地と豊洲の両立を表明したことから、今後の都議会議員の最大の役割について「都民の負担が増えるのか減るのか。(両立が)現実的なのか否か。それをチェックしていくのが仕事だ」と指摘。それには、「とにかくまじめでコツコツと努力をしてきた中村さんに、皆さま方の生活を、東京都をしっかりチェックをする立場の都議会議員でいてもらいたいと心の底から思う」と述べ、中村候補への支援を強く呼び掛けた。

中村ひろし候補は、これまでの都議2期8年間、地域を回って有権者1人ひとりから話を聞く中で様々な暮らしにかかわる課題を受け止めてきたと述懐。都政で豊洲問題やオリンピック準備が大きな課題とされていることに対して、「本当に困ってどうにもならない方に豊洲の問題をどうかと聞いても、『子どもを預ける保育園がない。何とかしてほしい』『介護に疲れた。施設を何とかしてほしい』――こんな声ばかり聞こえてくる」と説明した。

こうしたそれぞれの暮らしの課題を前にして中村候補は、「問われるべきは、何のために誰のために税金の使い方を決めていくのか。それをしっかりと議論していかなければならない」と語った。都政では知事が変わり、「都政が見えるようになってきた。その先にどのような都政をつくっていくのか。都議会と知事が緊張感をもって議論する。三鷹の中にある多くの皆さんの声をとともに、それを都庁に持っていくために先頭に立って戦っていきたい」と声を上げた。

動画、本文は民進党HPより転載