京都6区 やまのい和則候補

やまのい和則候補(京都6区:宇治市、城陽市、八幡市、京田辺市、久世郡、綴喜郡、相楽郡)とともに、街頭演説をさせて頂きました。
やまのいさんと言えば、「福祉のやまのい」です。
ずっと、困っている人たちの声を代弁するために頑張っています。
大学時代は、母子寮の子どもたちと遊ぶボランティア活動に従事。
大学院ではバイオテクノロジーの研究をしていましたが理系の道を進まず、福祉を良くしたい、と志しました。
福祉研究者として、ご当事者の気持ちを理解するためにおむつをして過ごした経験もある、やまのいさん。
徹底した現場主義の人です。
子どもの貧困対策法を成立させたのは、やまのいさんですが、このように困っている人に寄り添って実現した政策は、山のようにあります。
やまのいさんがいないと、日本の社会保障がより良いものになりません。
こんな政治家が必要と心から思える人です。
しかし、大変大変厳しい情勢です。
京都6区の皆様、どうか強い強い、ご支持を、やまのい候補に賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。