手塚よしおさんの会

今日は、東京5区(目黒区と世田谷区の一部)で捲土重来を果たすべく、日々、街頭演説を始めとした政治活動をされている手塚よしお前衆議院議員の集いが、目黒雅叙園で開かれます。政治家の集会というと、数万円の会費をお支払いいただく立食形式の政治資金パーティが一般的との印象がありますが、手塚さんの会は毎回、数千円の会費で、円卓に着席していただき、政治家の国政報告や講演をじっくり聞いていただける内容です。東京5区に住んでいる私は、これまでに何度か話しをする機会をいただいていますが、聞いてくださっている方々の表情やうなずき加減などの反応を身近で知ることができ、皆様が何に興味や関心を持っておられるかがわかり、話す側にも勉強になるものです。
今日開かれる手塚さんの会のゲストは、長妻昭衆議院議員、馬淵澄夫衆議院議員に私の3人。手塚さん曰く「最も敵に回したくない3氏がトークショーを展開」とのことですが、私はともかく、長妻さんと馬淵さんは一緒に仕事をさせていただいているだけに、その政治にかける思いや情熱、政治を良くするために注ぐ調査への力の深さは相当なものがあり、ご一緒する度に「味方で良かった!仲間で良かった!」と強く思うところです(笑)。
今日のテーマは「総選挙に向けて」。参議院議員の私が口を挟む余地はなさそうですが、長妻さん、馬淵さん、そして国政復帰のために頑張っておられる手塚さん。それぞれが目指す「総選挙の闘い方」、「争点」は何なのかをよく聞いて、私が出来ることを見つけたいと思っています。

前の記事

長妻昭衆議院議員

次の記事

夜明の会